会社案内
企業紹介
社歴と知的財産権
役員
技術スタッフ
レドックスフロー電池
原理と構造
特徴
研究開発
高濃度バナジウム電解液
非常用電池
コンセプト
実証機
お問合せ
お問合せ

実証機

可搬型非常用レドックスフロー電池

2018年、可搬型非常用レドックスフロー電池の実証機を製造いたしました。現在、様々な試験をおこなっています。

外観

特徴1.電池本体は軽自動車で運搬可能

車両で運搬することを前提とした設計になっています。重量制限、高さ制限を考慮しており、軽自動車での運搬も可能です。

特徴2.昭和電工社製セルスタック(開発検討品)

本電池には昭和電工株式会社製のセルスタック(開発検討品)を使用しています。反応性に優れるVGCF®(カーボンナノチューブ)を電極材に採用したセルは高い出力密度を示し、大幅な小型軽量化を実現しています。

特徴3.サクションホースでタンク位置が自在

電池本体と電解液タンクはサクションホースで接続します。電池本体の設置場所さえ決まればタンクの位置は柔軟に対応でき、例えば、長いホースを用いることで、異なる階にタンクを設置することも可能になります。

仕様

項目 仕様
製品種類 バナジウムレドックスフローバッテリー(VRFB)
電力容量:17Wh/L
※別途のタンクに投入する電解液量で自由に変更できます
入力 交流 100V 50/60Hz
太陽電池
(直流)
動作電圧 20~32V
出力 交流 100V 50/60Hz
電力 1kVA(ピーク2kVA)
制御 充電方式 (交流)
定電流充電
太陽電池(直流)
MPPT制御充電
放電方式 定電圧保護 過電流保護
状態表示 タッチパネルLCD
外部インターフェイス USBホスト
温湿度範囲 温度:常温 湿度:85%RH以下
(ただし、結露しないこと)
電池本体 サイズ 600(W)×1000(D)×920(H)mm
重量 178kg

ブロック図