会社案内
企業紹介
社歴と知的財産権
役員
技術スタッフ
レドックスフロー電池
原理と構造
特徴
研究開発
高濃度バナジウム電解液
非常用電池
コンセプト
実証機
お問合せ
お問合せ

レドックスフロー電池の特徴

安全性

1. 電解液は水溶液であり、リチウムイオン電池に用いられる有機溶媒と違い燃焼しません。
2. 電解液(正極液と負極液)が混ざっても自己放電が起きるのみで発火しません。
3. セルスタックなどの部材は、基本的に難燃性の素材でできています。
4. 常温・常圧で動作します。

長寿命

5. 原理的に充放電に伴う電解液の劣化がなく、サイクル数に制限がありません。
6. 電池は原則的に樹脂部などの劣化が起こるまで使用できます。

設計柔軟性

7. 出力部分と容量部分が独立して設計できるため、目的に応じて効率的なシステム構築が可能です。
8. 運用開始後でも大型タンクへの交換など仕様変更が可能です。

環境にやさしい

9. 鉛、カドミウムなどの環境負荷物質は使用しません。
10. 電池が長寿命のため、交換頻度が少なく廃棄物を減らせます。
11. 電解液は廃棄せずにリユースすることも可能です。

コスト

12. 長寿命により1サイクルあたりのコストが安価になります。
13. 設計柔軟性による出力・容量の最適化でコストを抑えることができます。